知識を得るということに貪欲である

海外企業との交流に積極的

新亜光学工業株式会社の優れた技術力の根源は、研究熱心な社員達に恵まれているということが挙げられます。
その研究への熱意は国内に留まらず海外にまで目を向けられているため、この会社では昔から海外企業との交流が深いといわれています。
当然英語が堪能な社員達が多いということも予想できると思います。
日本の技術力は確かに素晴らしいものがありますが、国内だけの考えでは限界があるのです。何かを発見するには柔らかい頭脳でないと中々難しいですし、頭を柔らかくするには視野を広げるということが非常に重要なポイントであると思います。
精密機器業界のどの企業よりも早く、幅広い知識を吸収し製品開発に励むことが必要になります。
知識を吸収することへの貪欲な姿勢が、この優れたケーブルの開発に必要な技術力であるともいえるのではないでしょうか。

マーケティング能力の高さ

新亜光学工業株式会社の優れている点は、ケーブル開発に限ったことではありません。
新製品を開発するには、現代人が何を求め、また何を求めるようになるのかを常に考え時代を先取りしていかなければなりません。
その為には常に世間の動向に目を光らせ、先に先にと考えを巡らせていく必要があると思います。
これもまた、国内に留まらず全世界にアンテナを張っているこの会社ならではの強みというものがあるのでしょう。情報量は多いに越したことはありません。
色々な情報を踏まえ、総合的に判断し、どのような製品が求められているのかを考えていくことが、より良い製品を開発することに繋がっているのではないでしょうか。
情報はより正確なものが求められ、技術力は情報量に比例して高くなる傾向があります。
新亜光学工業株式会社の技術力は、マーケティング部門の正確な情報網があってこそのものなのではないでしょうか。